一般社団法人日本人材派遣協会
HOME
会員派遣会社検索
インフォメーション 派遣会社の皆さま 派遣社員の皆さま 派遣先企業の皆さま 協会情報
派遣会社の皆さま
書籍コーナー
特集
HOME > 人材派遣業を始めたい方へ > 労働者派遣事業報告
人材派遣業を始めたい方へ
Q1:労働者派遣事業とはどのような仕組みですか?
Q1 労働者派遣事業とはどのような仕組みですか?
A1 労働者派遣事業とは、派遣元事業主が自己の雇用する労働者を派遣先の指揮命令を受けて、この派遣先のために労働に従事させることを業として行うことをいいます。
 この定義に当てはまるものは、その事業として行っている業務が適用除外業務に該当するか否かにかかわらず、労働者派遣事業に該当し、労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関する法律(以下「労働者派遣法」といいます。)の適用を受けます。

1.労働者供給事業との関係
 労働者派遣事業は、昭和61年の労働者派遣法の施行に伴い改正される前の職業安定法第44条によって労働組合が厚生労働大臣の許可を受けて無料で行う場合を除き、全面的に禁止されていた労働者供給事業(下図(1)参照)の中から、供給元と労働者との間に雇用関係があり、供給先と労働者との間に指揮命令関係しか生じさせないような形態(上図参照)を取り出し、種々の規制の下に適法に行えることとしたものです。
 したがって、残りの形態、下図(2)-Aのように供給元と労働者との間に雇用関係のないもの、及び、下図(2)-Bのように供給元と労働者との間に雇用関係がある場合であっても、供給先に労働者を雇用させることを約して行われるものについては、従前どおり、労働者供給事業として職業安定法第44条に基づき全面的に禁止されています。

(労働者供給事業)




2.請負との関係
 請負とは、労働の結果としての仕事の完成を目的とするもの(民法第623条)ですが、労働者派遣との違いは、請負には、注文主と労働者との間に指揮命令関係を生じないという点にあります。
 ところが、この区分の実際の判断は、必ずしも容易でないことから、この判断を明確に行えることができるように「労働者派遣事業と請負により行なわれる事業との区分に関する基準」 (昭和61年労働省告示第37号。以下「区分基準」といいます。)が定められています。

3.民営職業紹介事業との関係
 職業紹介とは、求人及び求職の申込みを受けて、求人者と求職者の間における雇用関係の成立をあっ旋することをいいます(下図参照)。この場合、あっ旋とは、求人者と求職者との間に介在し、雇用関係の成立が容易に行われるよう第三者として便宜を図ることをいいます。
 手数料又は報酬を受けて行う職業紹介を有料職業紹介といい、職業安定法第30条の規定に基づき、厚生労働大臣の許可を受けた場合に限り、有料職業紹介事業を行うことができます。
 労働者派遣事業、有料職業紹介事業については、このように、それぞれの許可等の要件を満たしたものが、許可等を受けた場合に行うことができるものです。
▲ページTOPに戻る
| 協会情報 | リンク集 | サイトマップ | 個人情報保護方針 | お問い合わせ | Copyright(C)1995- jassa. All rights reserved.