MY派遣スタイル成功術|はけんWorking WEB VOL.2
インタビューコーナー はけんWorking
TOP >  MY派遣スタイル成功術 > わたしのライフスタイル case 06

My派遣スタイル成功術

派遣スタッフ15名に聞いた、あなたの派遣スタイル成功術は??

塩村亜希子さん
自分の時間を大切にする
正社員の営業職時代は残業ばかりで、文字通りオーバーワークの日々でした。派遣として働くことのメリットのひとつは、やはり時間の自由度。私の場合、そうやって自分の時間を得られたからこそ、逆にこれまで以上に働くことに対して前向きになれたんだと思っています。キチンと働きたいなら休むべきだということを知りました。

image

ゆとりの心を持って、ワークライフバランスを考えよう

iamge

このワークライフバランスともいうべき時間に対する姿勢は、とても大切なことです。
まわりに気を遣って、何でもかんでも引き受けてしまうと、自分の個人的な約束時間が守れなかったりして、ストレスがたまってしまいます。「1か月、やりたいことが先延ばしだわ」という気持ちは、ときに自分を落ち込ませる材料になってしまいます。
基本として、常日頃から「この時間割で動こう」と心の中で決めておいて、その時間を確保できるように自分のスケジュールを工夫しましょう。
しかし緊急事態の場合があれば、多少のフレキシビリティ(融通性)を持っていることを示していきましょう。ときには自分の時間を会社に譲ってみると、「理解のある、心の優しい人だな」と、まわりに好印象を与えて、さらに働きやすい環境になります。
自分の時間も大切、会社の仕事も大切という「他者肯定的自己肯定」の態度(心理学では、アサーティブと呼びます)が、社内でのイメージアップにつながっていく
ことでしょう。

【監修】日本大学芸術学部教授/パフォーマンス学博士(パフォーマンス学・心理学)/(株)国際パフォーマンス研究所 代表 佐藤綾子